Fire all engine

仮面ライダー・映画・音楽に関する感想と考察。

MENU

【感想】『仮面ライダービルド 47話』: ドルオタとサイボーグの最期 (ビルドの実験経過)

f:id:bakusou009:20180928174049j:plain

『ビルドの実験経過』と題して、毎週仮面ライダービルドの感想や考察を書いているシリーズ。

今回は2018年8月12日放送、仮面ライダービルド 47話『ゼロ度の炎』について話したいと思います。

お付き合いお願いします。

 

 

一海の最期

猿渡一海は、ブリザードナックルを使用してグリスブリザードに変身してしまい、エボルトの遺伝子で作られた三羽ガラスの擬態と戦う。

そして、一海は、ロストボトルを体内に入れて生成し直して、亡くなってしまう。

幻徳「みーたん。戦兎。龍我。紗羽さん。ヒゲ。お前らのせいで、この世に大分未練が残っちまった。ありがとうな。ラブ&ピースを胸に生きていける世界を… 向こうで三バカと祈っているぞ。」

 

グリスブリザードのデザインや、「激凍」を感じさせる戦い方がかなり好きなので、もう少し見たかった気もする。

しかし、この一度っきりの変身にはかなりの特別感はあり、これはこれで好きだ。

 

一海は、「愛と平和のためなら自己犠牲を厭わない」という戦兎の考えに感化され、遂にそれを体現してしまった

スクラッシュドライバーのグリスでも精神攻撃を受けるまでは十分に戦えていたので、グリスブリザードに変身して自己犠牲を払ってしまう必要性があったのかは私たちにも分からない。

しかし、命を懸けてまでグリスブリザードに変身したことには、「エボルトの遺伝子の一部を倒す=三羽ガラスの擬態を倒す」ための「覚悟」を再確認するという意味合いが大きかったのだろう

 

そのロジックは理解できるが、「怒り」という自身の「負の感情」を満たすための決断に見えてしまったことが少し残念だ。

というのも、戦っている際の一海の台詞がどれもかなり感情的だったからだ。

このように見えてしまったのは、演出的な都合の部分も大きいのだろうが、「ラブ&ピース」のために命を懸けたことがもう少し伝わるような描写は欲しかった。

(エボルトの遺伝子を倒す必要はあったので、結果的には「ラブ&ピース」のためになってはいるが。)

 

推しに看取られる

一海は、最期に美空に見守られて、消えていく。

美空「グリス…」

一海「最後までグリスかよ…」

美空「当たり前でしょ。名前呼んだらいなくなっちゃう気がして… だから呼べなかった。これからも絶対呼んであげないんだから。」

一海「みーたん… 行ってくる。」

美空「生きてよ。だから、生きてよ。お願いだから生きてよ!お願いだから… 生きてよ!ねぇ…!

一海「推しに看取ってもらえるなんて… 幸せ者だな。あいつらに… あいつらに、自慢してやんねぇとな。」

 

これまで美空が一海のことをずっと「グリス」と呼んでいたのは、アイドルがファンのことをハンドルネームで呼んでいるような感覚だと思っていた。

しかし、一海がいなくなってしまう気がして呼べなかった、と明かされたのは少し意外だった。

たしかに、一海にはフラグが立ちまくっていたので、その考えになることは分からなくもないが。

 

とはいえ、やはり一海と美空の「心のつながり」があまりないことが気になる。

一海と美空が接してきた場面を振り返ると、どれもコメディ要素が強く、「気持ち悪いアイドルオタクとネットアイドル」以上でも以下でもない関係性だった

なので、初めて美空が「かずみん」と呼ぶシーンを見ても、正直どのような感情を抱けばいいのか分からなかった。

二人の「心のつながり」をもう少し描けていれば、(というか、二人が真面目に向き合うシーンがこれまでに一つでもあれば)、もう少し感情移入ができただろう。 

 

内海の裏切り

内海は、難波会長を敵を討つためにエボルト側に寝返ったふりをしていたことが判明。

そして、幻徳と協力をして、エボルトが作ったエンジンブロスとリモコンブロスの擬態と戦う。

幻徳「なら力を貸せ。お前は難波重工のために。俺は愛と平和のためにこの戦いに…!」

 

今回、内海の考えが明らかになったことで、マッドローグになってからの内海に見られた「キャラクターのブレ」の理由が分かり、モヤモヤがある程度晴れた。

「私は間違っていなかった!」と言い、自身の行動を正当化していたことを振り返ると、内海が敵討ちのためにエボルトに味方していたことにも納得がいく。

やはり、洗脳された難波チルドレンは、難波会長本人が亡くなった後でも忠誠を尽くす運命のようだ。

 

サメバイクフルボトル

内海は、エボルトの攻撃を無効化できるように、サメバイクフルボトルに弱点を仕込んでおいたようだ。

これはどうやら『仮面ライダービルド ハザードレベルを上げる~7つのベストマッチ~』で、サメバイクフルボトルを使用していた展開を回収してきたようだ。

仮面ライダービルド DXサメバイクフルボトル&仮面ライダービルドDVDセット

仮面ライダービルド DXサメバイクフルボトル&仮面ライダービルドDVDセット

 

 

YouTubeやDVDの番外編をテレビ本編の展開にがっつりと絡めてくることは個人的にあまり好きではない。

テレビ本編はテレビ本編で楽しめる作りがやはり理想だ。

 

とはいえ、かなり唐突ではあるものの、過去の展開をしっかりと拾ってくれたことには興奮してしまった

最近ロストボトルがすっかりと注目の的になっている中、久々にフルボトルが活躍したのも嬉しかった。

 

マッドローグのフェーズ

内海は、自身のエボルドライバーにエボルトのデータをインプットしていたようだ。

そのデータを用いてフェーズ1からフェーズ4まで行き、エボルトを攻撃する。

 

フェーズ1からフェーズ4まで行く展開は予想外すぎて、正直度肝を抜かれた。

エボルのように特に見た目は変わる様子はなかったが、演出と相俟ってかなりアツい展開になった。

 

内海が度々エボルトのエボルドライバーの調整を行っていた描写が挟まれていた理由が判明し、納得した。

エボルトはデータではなく生命体なのだから、「エボルトのデータ」はどのようにとり、どのようにそれを模倣したのかは謎ではあるが。

その辺はあまり深堀しないほうがいいのだろうか。

 

兎に角、今週の放送で一番興奮したポイントだった。

 

サイボーグ内海

どうやら内海は、幻徳に撃たれた時にサイボーグになったらしいことが、エボルトに倒された際に発覚する。

 

ここで一度、「サイボーグ」の定義を確認しておこう。 

サイボーグ の意味

生物に、生物本来の器官同様、特に意識しないでも機能が調節・制御される機械装置を移植した結合体。宇宙空間のような生物体にとっての悪環境下での活動のために発想されたが、その後、電子義肢・人工臓器など、医療面での研究が進められるようになった。

 

— 三省堂 大辞林 より

「サイボーグ」と聞いたらSFチックな非現実的なものを想像するかもしれないが、この定義によるとどうやらそうでもないらしい。 

人工臓器などを移植していたと考えると、あれほど高い橋から落ちた内海がサイボーグになったことに納得がいく。

(内海の動きが時々ぎこちなく見えたのも、サイボーグだったからなのだろうか?)

 

サイボーグだったことが明らかになったことで、内海が亡くなったことがより悲劇的なものとなったのはもちろんのこと、内海を撃ってしまった日のことを幻徳がより悔いることとなった

というのも、幻徳があの日撃っていなかったら、サイボーグになることはなかったのだろうから。

内海が今回、幻徳を庇ったのだから、余計幻徳は自責の念を覚えているに違いない。

このことが48話にどうつながるのだろうか。

 

内海とは

内海は、エボルトに攻撃されそうな幻徳を庇い、亡くなってしまう。

内海「あなたを… 助けたわけじゃない。ロストボトルを… 守っただけだ。」

 

内海は、幻徳に撃たれた際に、エボルトの力によって九死に一生を得た。

今度は、内海が幻徳をエボルトの攻撃から庇う側になったことは、かなり感慨深い。

本当にロストボトルを守るためだったのか、幻徳を助けるためだったのかは分からないが、いずれにせよ内海にも「ラブ&ピースのために戦う」という考えに目覚めたのだろう

その気持ちの変化がいつ訪れたのか、描写がなかったのが残念ではあるが。

 

 

そもそも、内海の人物像がこれまであまりにもブレブレだったため、どこからどこまでが「演技」で、どこからどこまでが「本心」かが分からない。

結果的に、内海の「芯」が最期まで分からないまま、亡くなってしまった気がする。

スピンオフやVシネマか何かで、内海の心情についてもっと深く知りたい。

 

 

仮面ライダービルド 変身凍拳 DXグリスブリザードナックル

仮面ライダービルド 変身凍拳 DXグリスブリザードナックル

 

 

▼他の記事▼   

 

 

お問い合わせ | プライバシーポリシー

Copyright © 2019 CHAMEE FACTORY All rights reserved.