Fire all engine

仮面ライダー・映画・音楽に関する感想と考察。

MENU

【感想】『仮面ライダービルド 23話』: 幻徳のイメチェン (ビルドの実験経過)

f:id:bakusou009:20180928174049j:plain

『ビルドの実験経過』と題して、毎週仮面ライダービルドの感想や考察を書いているシリーズ。

今回は2017年2月18日放送、仮面ライダービルド 23話『西のファントム』について話したいと思います。

お付き合いお願いします。

  

 

西都との戦争開始

西都の御堂首相が東都に対して宣戦布告したことにより、東都vs西都の戦争が始まる。

代表戦で一応戦争は終わったように思えていたが、やはり西都は漁夫の利を狙っていたのか…

この辺は殆どの人が予想できていた展開だとは思う。(笑)

北都の多治見首相に比べると、西都の御堂首相の方が何となく冷酷で賢いイメージがあるから、今後どのように展開していくのかが楽しみ。

 

それにしても、スタークは本当に次から次へと登場人物を裏切っていくね。

西都も恐らく用済みになったら裏切るだろうし。

散々日本の三国を引っ掻き回しているが、スタークにはどういう目的があって行動しているのかが全く見えてこない。

 

難波重工が西都陣営を支援しているが、その「兵器」として登場したのがリモコンブロスとエンジンブロス。

『平成ジェネレーションズFINAL』で登場したカイザーシステムが結構かっこよくて好きだったから、本編でも観れて嬉しい。

二人でネビュラスチームガンを共用して変身するのは意外だったし、少しダサい気もしたが、果たして共用する意味はあるのか…?

それにしても、この二人から漂う『仮面ライダーカブト』の地獄兄弟感がすごい。(笑)

 

戦兎の専守防衛論

やはり戦兎は、現代日本の専守防衛論を体現しているようだ。

その考え方が今回の「ビルドとクローズは黄羽を救いに行けない」という戦兎の考えから分かった。

 

戦兎「俺たちが北都に行けば侵略行為と見なされる!」

龍我「こんな時にそんなの関係ねぇだろ!」

戦兎「あるんだよ!俺たちは北都に行けない。」

泰山「君たち仮面ライダーが北都に行けば、戦争が激しくなって東都市民がますます危険にさらされる。桐生くんも、東都のために耐えてくれてるんだ。」

(中略)

戦兎「黄羽を連れて東都に戻ってきてくれ。俺たちは北都で戦うことができない。でも奴らが東都に踏み込めば、防衛手段として一緒に戦える。

赤羽「お前たちの出る幕じゃねぇ!これは北都の問題だ。」

戦兎「俺たちだって黄羽を救いたい気持ちは同じだ!」

 

戦争中という設定だからこそ、「助けに行かない」という主人公の選択が正当化されている。

仮面ライダーシリーズでは非常に稀なケースだが、ビルドとクローズが東都の兵器という立ち位置にあると考えると、この選択は自然だ。

 

だが、西都陣営を東都へと誘導したことで、結局東都の街を危険にさらしてしまったことに少し違和感はある。

宣戦布告されているのだから遅かれ早かれ東都は戦地と化すのだが。

 

黄羽の最期

黄羽はカシラをリモコンブロスとエンジンブロスの攻撃から庇って亡くなる。

 

一海「聖吉。」

黄羽「やっぱり… 記憶失ってないじゃん… 嘘下手だな。」

一海「うるせぇ…」

黄羽「カシラ。青ちゃんと向こうで見守ってますから…」

 

息を引き取る前に、一海の記憶がやはりなくなっていなかったことが判明するのはずるい…

 

青羽の時とは違い、カシラが黄羽の死についてかなり怒っていたことが少し気になった。

西都側の人質を取るという卑怯な戦法のせいで黄羽が亡くなってしまったからだという解釈でいいのかな…?

 

一海たちの仲間入り?

一海たちが徐々に戦兎たちを認めていく様子が見ていて凄い嬉しい。

赤羽「なんで俺たちのためにあそこまで?」

一海「だから強ぇんだ。勝てないわけだ。」

 

「分かり合えない関係性」が多い今作で、敵であったはずのグリスたちと「分かり合える関係性」になりつつあるのが素敵だ。

だが、やはり一海はかなり成熟した人間なだけあって、ついさっきまで敵として戦っていた相手なのにもかかわらず、戦兎たちを認めるのが非常に早い。

 

ラブ&ピースのために戦う戦兎を見て、一海はこれからどのように変わっていくのだろうか?

一海の成長も楽しみだ。

 

クロコダイルインローグ

仮面ライダーローグの初変身が兎に角かっこよすぎる。

 

スクラッシュドライバーで変身時に出現するビーカーを、ワニの顎で砕くエフェクト。

クローズチャージやグリスと同じくスクラッシュドライバーで変身しているが、少し二人とは違う変身であることがエフェクトで上手く表現されていて、結構好きだ。

だが特に好きなのは、変身音の『ジョーズ』を彷彿とさせるサウンド

あれめちぇめちゃカッコよくない?

まさに「ワルモノ注意」って感じで、これからもローグには悪役を貫いてほしい。

 

闇落ち幻徳

そしてやはり今回一番視聴者の注目を集めたのは、仮面ライダーローグの変身者である氷室幻徳の再登場。

 

黒い外套に身を包み、だいぶワイルドな髪形で帰ってきた幻徳

東都から追放されてから一体幻徳の身に何があったのか…(笑)

いいところの息子感が漂っていた頃の幻徳とは一変して浮浪者感すらあるが、それが意外にも似合っている!(笑)

本当にツッコミどころはいっぱいあるが、来週の幻徳に期待したい。

 

 

仮面ライダービルド DXクロコダイルクラックフルボトル

仮面ライダービルド DXクロコダイルクラックフルボトル

 

 

▼他の記事▼

お問い合わせ | プライバシーポリシー

Copyright © 2019 CHAMEE FACTORY All rights reserved.